歯のホワイトニングとは?

そもそもホワイトニングって何?

って思っているあなた!

私もテレビやネットサーフィンで見かけた程度で最初はわかりませんでした。

ただ私が知らないだけでよくよく見ると

数年前から歯のホワイトニング専門の歯医者さんやホワイトニング専用の歯磨き粉など出てきて
今では街中で目に触れる事が多いです。

最近は、就活や転職などでもまずは第一印象が大事ということでホワイトニングが注目されています。

確かに初対面で白い歯の方と話すると清潔感あるなって思いません?

今回は歯のホワイトニングって実際どういうもの?という事をお伝えしていきたいと思います。

 

ホワイトニングの歴史

歯科におけるホワイトニングとは、審美歯科の一分野であり、ホワイトニングとは元々の自分の歯の色を白く明るくする事が目的です。
もともとは、米国で1989年より実用化が始まった技術で、歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するのがホワイトニングになります。
以前は歯の内部に沈着した色を取り除くことができず、表面の汚れのみを取ったり白い素材で被せ物したりといった方法がほとんどでした。
歯のクリーニングと混同されることがありますが、クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取り、歯本来の状態に戻す事を言います。
そんな中で登場したホワイトニングは、画期的な方法として話題になりました。当初はブリーチと呼ばれていましたが、
その後、ホワイトニングという言葉が使われるようになり現在に至ります。
その為、着色汚れを漂白する技術が、ホワイトニングのもともとの意味なんです。
しかし現在では、
漂白だけでなく歯の表面のステイン落とすだけのものであってもホワイトニングという言葉が使われていますので
必ずホワイトニングを実施する内容の確認をするようにしてください。

 

ホワイトニングの方法

現在のホワイトニングには大きくわけて、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは歯の表面の汚れを落とし、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやプラズマライトなどを当てます。
そして、このホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解し白くする方法です。
ホームホワイトニングは、マウスピースを作って、2時間前後その中にホワイトニング剤を入れて白くします。
それぞれ、メリットデメリットがありますのでこちらはまた別記事で詳しくお伝えいたします。

 

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの研究は100年以上前の1844年から行われており、アメリカでは約20年前から実用化されています。
今ではドラッグストアや百貨店などで普通に販売されるほど生活に浸透しています。
ホワイトニングに使用される薬剤は、アメリカの食品医薬品局や日本の厚生労働省でも認可されていて、
アメリカのニューヨーク大学、ニュージャージー医科歯科大学をはじめ、日本では昭和大学、日本大学、東京医科歯科大学、など
多くの大学や研究機関で、安全性が確認されています。
歯を軟化させたり、傷めたりすることなく安全に白くすることが出来ますので安心してくださいね。

次回からは具体的な経験談とともにホワイトイングについて解説していきます。

ぜひ、皆さんもホワイトニングで綺麗な白い歯を手に入れましょう。

投稿日:

Copyright© 自宅でできるホワイトニング!先進国アメリカにも負けないホワイトニング歯磨き粉を紹介します! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.